コピー機のリース料金と比較すること

   

コピー機は購入して使用する場合とリースで借りて利用をする場合とに分けられます。このとき企業などのオフィスで利用をする場合は圧倒的にリースの方がお得な料金になる場合が多いです。個人事業主などから法人化した場合などのごく一部の例外はありますが、使用頻度から言うと圧倒的にリースの方がお得であると言えます。
コピー機は一回購入してしまうと故障したら修理に出すか改めて買わなければならなくなります。一方借りているだけの場合はその業者に連絡して対応を促せばよいだけです。すぐの対応が厳しくても数日後には機種を持参してくれます。すなわち業務への支障が少なくて済みしかもコストを抑えられることに繋がるわけです。料金の面でも印刷費用について購入するよりお得な場合が多くなります。

コピー機は複合機のケースがほとんど

コピーとしてしか使用しないケースはまれな時代です。コピーもすれば印刷もするなどのようにそのオフィスのいろいろな機種と連結させて使用する場合が多くなります。このとき印刷する枚数が多いときなどはその料金が多額になりがちです。そのため使い方を工夫する必要があります。
使い方はたとえばオフィス内の事務連絡としてだけ使用するものでそれほど重要でないものは、輪転機を使って印刷をし裏面の活用もしっかりと行うなどの対応が考えられます。輪転機は設置しているところは少ない場合もありますが、利用の仕方によっては非常にコストを抑えられますので、オフィス内文書の回覧等で使用するときはこちらを使用するとそのコストが低くなりやすいです。使い道を考えることが重要となります。

レンタルで済ませた方が安価です

購入してしまうとその所有権は購入したところとなります。この購入というのは所有権がある以上何かあっても自らが対応しなければならないわけです。故障やインクなどの取り替えなどもすべて所有者が行うことになります。その分だけ時間とお金がかかりますので、印刷する枚数によってはよく考慮した上での対応を考えることが大事です。
一方借りてきている場合は通常の場合で年契約などのように一定の間だけ借りるような仕組みにしています。印刷した枚数などによって金額が変わる仕組みです。ただし保守などの対応は貸す側が対応します。紙詰まりや故障などの場合は購入時と比べて対応しないで済む分だけ楽です。機種がもし使用できなくなったときでも新しい機種に交換するだけでよいのでそれほどお金もかかりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

コピー機のリース料金と契約期間について

原稿を転写版の上にセットしたり、自動原稿送り装置に複数の原稿をセットし、スタートボタンを押せば必要枚数の複写が可能になるコピー機はオフィスには欠かせない存在です。中でも自動原稿送り装置に、数枚をセット...