コピー機をリースで利用する時の料金とメンテナンスについて

   

オフィスの中で欠かせない存在になっているコピー機、新製品を導入するとなると高額なOA機器などからも、銀行からの融資を受けないと購入が難しいと考える企業担当者も多いでしょう。融資を受けるためには所定の審査が必要になる、審査結果が分かるまでには時間を要するなどからも、急いでいる時には少々不便に感じるケースも多いのではないでしょうか。しかし、リース契約なら毎月一定の金額を支払いレンタルが出来ますし、契約期間が満了になった時には新品を導入する方法と買い上げの選択肢があるので、常に新しい製品を導入し続けることも可能です。尚、毎月の支払い額の中には、メンテナンスにかかる保守料金も含まれており、保守サービスをしっかりと比較しておくことが大切です。

耐用年数は5年間と定めてあるのを知っていますか?

コピー機や複合機の耐用年数は5年間と言われています。5年使うと印刷品質が低下する、機器の性能が劣化するなどからも、リース契約期間は5年間で設定が行われているのです。契約期間は自由に決めることが出来るようなイメージを持つ人も多いかと思われますが、5年の中で消化するのが特徴です。毎月の支払い額の中にはメンテナンスやトナーなどの消耗品費用も含まれています。保守契約の種類に応じて金額が変わりますが、同一の製品でも契約を交わす会社が異なると料金も変わるなどからも、利用する時には比較をしておきましょう。ちなみに、導入可能な製品はメーカーから購入したものをレンタルの形で借用することになります。5年の契約期間が満了になった時は、そのまま買い上げを行って使い続ける、新しい製品を導入するかの選択肢になります。

長く使うために普段からメンテナンスをしよう

一般的なコピー機や複合機の使用可能期間は5年ほどと言われています。印刷の量ですと、300枚分の印刷で寿命を迎えることとなるのです。しかしこれらのOA機器は決して安価なものではありません。ですから多くの方ができるだけ長く使用したいと考えるでしょう。コピー機や複合機は一般的な耐用年数よりも長期間使用することができる可能性があります。その鍵となるのが日頃のお手入れです。まずポイントとなるのが設置場所です。機械は直射日光や湿気や埃を得意としませんので、これらを避けて設置するとよいでしょう。次のポイントは日常のお掃除です。機種により掃除が必要な箇所や方法が異なりますので、説明書を参考にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

コピー機のリース料金と契約期間について

原稿を転写版の上にセットしたり、自動原稿送り装置に複数の原稿をセットし、スタートボタンを押せば必要枚数の複写が可能になるコピー機はオフィスには欠かせない存在です。中でも自動原稿送り装置に、数枚をセット...