リースはコピー機メーカーから購入した商品を格安料金で提供

   

リースとは、低料金で高価なコピー機などのOA機器を導入することが出来る便利なサービスです。専門の会社がメーカーから製品を購入し、それを契約者に対して毎月一定の金額を徴収し、利用者側は少ない費用で便利な機能を持つ製品を使い続けることが出来るようになります。このサービスはレンタルを行うのと同じような感覚で使えるメリットを持ちます。レンタルの場合は商品を借りることを意味しており、商品自体を保有することではありません。仮に、会社の中で保有を行えば、それは資産として計上が行われることになり、固定資産税の課税対象になります。便利な機能を一定の金額を支払えば利用が出来るのであれば、購入するよりも経費の節減にも繋がりますし、購入するとなると予算が必要、銀行からの融資を受けなければならないケースもあるわけです。

最新機種を格安で導入することが出来ます

フルカラー対応機とモノクロ対応機の2つを比較した場合、金額的にはフルカラー対応機の方が高額な値段です。しかし、デザイン製作などを行う会社にとって、カラーコピー機は必要不可欠です。高価なものでも導入しなければ業務に支障をきたすことになる、その都度コピー店に出力を依頼するのでは時間も経費も無駄なものとなりかねません。フルカラー対応機でも、リース契約を使えば低価格で導入可能ですし、導入する製品はメーカーから購入したものを借用する形で利用するため、常に最新機種を利用出来るメリットもあります。さらに、保守契約をカウンター保守にしておけば、カラートナーはすべてが無料で利用出来る、機械のメンテナンスや修理、交換部品代などもすべて料金に含まれているので安心です。

メンテナンスや修理対応は保守スタイルで費用の有無が変わります

リース契約の場合、ニーズに合うコピー機の保守スタイルを選んで導入することが大切です。突然故障を起こした時、メーカーのサービスマンが修理対応を行ってくれますが、修理代や出張費用、交換を行った部品の代金などの支払いが多く掛かるケースもあります。特に、ドラムなどの心臓部とも言えるパーツが壊れた場合には、部品代だけでも数万円以上の費用が掛かることになるわけです。しかし、カウンター保守などを利用しておけば、利用料金に修理費用や出張費用、部品代などがすべて含まれているので、その都度支払いをする必要がないのです。さらに、トナーなども費用にすべて含まれた形で契約を結べるため、コピー枚数が多い、カラーコピーが多いなどの時でも経費の節約に繋がるなど、ニーズに合う保守契約を結びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

コピー機のリース料金と契約期間について

原稿を転写版の上にセットしたり、自動原稿送り装置に複数の原稿をセットし、スタートボタンを押せば必要枚数の複写が可能になるコピー機はオフィスには欠かせない存在です。中でも自動原稿送り装置に、数枚をセット...