コピー機のリース料金と契約期間について

   

原稿を転写版の上にセットしたり、自動原稿送り装置に複数の原稿をセットし、スタートボタンを押せば必要枚数の複写が可能になるコピー機はオフィスには欠かせない存在です。中でも自動原稿送り装置に、数枚をセットすれば、その都度原稿を入れ変えることなく複写が出来る魅力は大きいと言えましょう。普段何気なく使っているものでも、様々な便利機能が備わっているわけです。導入する時にリースを利用するケースが多いかと思われますが、この場合は会社の資産ではないため、固定資産税の対象から外れる、経費節減効果も期待出来ます。利用料には保守料金も含まれるため長期利用も安心です。

導入時には保守契約を比較しておきましょう

コピー機は長く使っていると徐々に紙詰まりが発生しやすくなるなど、定期的なメンテナンスは必須です。リースで導入する時も、保守契約を結んでおけばメンテナンスに掛かる費用を節約出来ますし、故障した時の修理費用もゼロになる可能性もあるのです。保守契約はカウンター、キット、スポットの3種類が用意してあり、導入する側が自由に決めることが出来ます。それぞれメリットやデメリットがあります。しかし、利用する側のニーズで料金的な部分でメリットになるものもあれば、逆にデメリットになるケースもあるため、十分な比較を行った上で保守契約を結ぶことが大切です。尚、契約期間は自由に決めることは出来ないのが特徴で、機器の耐用年数を考慮し、保守を含め利用可能な年数は5年間と言われています。

カウンター保守契約は利用頻度が多い場合に有利です

コピー機をリースで導入する時には、故障などを考慮して3種類の保守契約のいずれかを結ぶケースが多く、契約スタイルに応じて修理時の出張費用や技術費用、そして部品代などの費用を0円にすることも可能です。最も費用が安いのはスポット保守です。これは故障した時、その都度修理やメンテナンスを依頼する方式で、故障が起こらない、メンテナンスがない場合には最もお得な保守と言えましょう。しかし、長期間使っている、利用頻度が多い場合には故障する可能性も高くなりますし、1日に何百枚ものコピーを行う場合には、メンテナンスが必須です。さらに、トナーなどの消耗品も必要になるなど経費が多く掛かることになります。カウンター保守は最もポピュラーは保守契約で、カウンター料金の中に部品代や修理費などが含まれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

コピー機のリース料金と契約期間について

原稿を転写版の上にセットしたり、自動原稿送り装置に複数の原稿をセットし、スタートボタンを押せば必要枚数の複写が可能になるコピー機はオフィスには欠かせない存在です。中でも自動原稿送り装置に、数枚をセット...